カレンダー
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
『若冲が来てくれました』展
2013年9月18日 08:49

塩原温泉、今朝もよく晴れています。


一昨日、私の古い友人が泊まりに来てくれました。
福島県立美術館で23日まで開催している
『若冲が来てくれました』展を東京から見に来て、
その帰りに立ち寄ってくれたのです。

実は『若冲が来てくれました』展は、私も先日見てきました
以前より、伊藤若冲の植物や昆虫の絵が大好きで、
一度本物を見たい見たいと願いながら、
直近の若冲展に行くことかなわず。

今回の『若冲が来てくれました』展は、
若冲などのコレクターとして有名な
ジョー・プライス氏のコレクションを中心に、
江戸時代の日本画を集めた企画展でありますが、
特に東日本大震災を受けて、
その復興協力として、宮城、岩手、福島の三県を巡回しているもの。
福島県立美術館で最後となります。

これを逃しては・・・と9月に入ってから、
急ぎ、新幹線で福島へ直行直帰で行ってきました。

先日、福島県立美術館としては、
過去最高の入場者数を記録するというニュースにもなっていましたが、
福島駅で降りる方のほとんどが、
県立美術館に向かっているような印象
を受けました。
(タクシーの運転手の方の話では、実際にそうらしいです)
周りの方の会話を聞いていても、首都圏から来ている方も沢山

この企画展のタイトルから見ると、
若冲の作品ばかりのような印象ですが、
実は丸山応挙、酒井抱一、鈴木其一、など
名だたる画家の作品も沢山。
とても見ごたえある美術展です。

それぞれ、間近で作品を見ることができ、
その筆の勢いや、細やかさ、など、
画家の気迫や息遣いまで感じられるようでした。

あと6日
興味のある方は是非お見逃しなく
私の友人のように、塩原温泉に立ち寄るのも、よろしいかと・・・

若冲が来てくれました