カレンダー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
塩原土平園地のヤシオツツジも満開に
2017年5月 8日 08:53



塩原温泉、今朝も快晴です。
大型連休が終わりました。
いつになく、お天気が良い連休でした。
連休が終わると人の動きや交通量も少なくなりますが、
塩原温泉は連休明けが実は最も良い季節です。

若葉がまぶしく、塩原妙雲寺でぼたん祭りも始まります。
今年は少し開花が遅れていますので、
まだ入園料は取らないそうです。
ぜひ、この季節の塩原温泉にお出かけ下さい。

さて、
どこまでもヤシオツツジが好きな私
この時期だけしか見ることができませんので、
短い季(とき)を逃すことのないように、
できる限り、自生地に足を運びます


塩那スカイラインには何度も何度も。
3日空けると、景色がすっかり変わります。

先日も、さらに山肌のピンク色が濃くなって、
いよいよ、山の中腹部から山頂の尾根へと、
開花が移ってきたようです。

このタイミングなら、もしかして・・・と、
思い切って(というか急ぎ足で)、
塩那スカイラインの最終地点から入る、
土平園地へと登ってみました。

塩那スカイラインの最終地点に車を停めて、
右手に登れば弥太郎山
左手に登れば土平園地です。

土平園地は塩原の遊歩道の一つで、
「しろやしおコース」「なつつばきコース」の迂回路もあり、
ささっと歩けば45分ほどで車に戻って来られます。

実際には、途中途中で写真を撮りますので、
1時間以上はかかってしまうのですが・・・。

この日のお目当ては、やっぱりヤシオツツジ。
ヤシオツツジは、急傾斜な岩の斜面に自生するので、
通常、自生地の真っ只中に近づくのが難しいのですが、
ここでは、それほど苦労せずに、
ヤシオツツジの群生地の中に入ることができ、
空をバックに、その花を仰ぎ見ることができる、
塩原では貴重な場所なのです。

予測が当たり、ちょうど良いタイミング。
頭上に広がるピンクの花に、今年も会えました。
すばらしい花風景です。

でも、残念ながら、実はあまり知られていません。
この日も誰一人とも合わず
(熊よけ鈴は必携)
この景色を独占できて申し訳ないような。


弥太郎山の奥まで行くと、
さらに巨木ばかりの、素晴らしい自生地がありますが、
そちらは、簡単には近づくことができません。
こちらの土平で満足することにします。

塩原でヤシオツツジを「追っかけ」するのも、
今年はこれが最後になるかもしれません。
自然に咲く花で、これほど花期が長いのも珍しいでしょう。
平野部の民家の庭先から始まり、
標高が高い山の山頂まで、
実に1か月以上楽しませてもらいました


塩那スカイラインからのヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6













塩原土平園地のヤシオツツジ2017.5.6